CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
うたをきく
申し込んではハズレ、申し込んではハズレを繰り返して
ようやく手に入れた念願のチケットで、母とふたり
高橋真梨子のコンサートに行ってきました。

東京国際フォーラムの2階席、まさかの最後列でしたが、笑
ステージ全体がよく見渡せて、かえって見やすかったです。
前回コンサートに行ったのは2011年、体調を崩されていたときで
気弱な発言を繰り返しておられ、もしかしたらもう生で聴ける機会は
ないかもな‥などと覚悟せざるを得ない感じだった‥のですが。

びっくりしました。年齢の割に、とかではなく
純粋に凄い、と思わされる歌が聴けました。

近年テレビで拝見するときには、元気になられたなぁと安心しつつも
やはり、声の豊かさや伸びは若い頃に比べれば少し弱くなり
そして歌い方が慎重になられたな、といった印象でした。
今日も序盤はそういった感じで、もちろんそれでも素晴らしい歌で
ああ嬉しいなぁ、と思いながら聴いていたのですが
後半にいくにつれ、どんどん調子が上がっていくようで
ああすごい、これだ、私が聴きたかったのはこれだ、と
もう聴けないかもとか思っちゃってすいませんでしたと
心の中で土下座しつつ、笑、ぼろぼろ泣きました。

終演後、よかったね、聴けてほんとによかったね、と
母と何度も頷き合いました。ああ、来られてよかった。

もうしばらく元気で歌ってくれそうな気がするので、笑
今度は母とディナーショー参加を計画したいと思います。
| できごと | comments(0) | trackbacks(0) |
みんながくる
上兄一家マイナス長男(今日も学校のため)と下兄が
みんなで遊びに来てくれました。

むすめは朝から母にたっぷり遊んでもらって大はしゃぎ。
お迎えがてら買い物に出かけた時点で既に疲れており
ベビーカーに座ってぼへーっとしていましたが
到着した兄一家と出会うとまた大喜び。
みんなでにぎやかにごはんを食べたあとは、兄たち甥たちに
構ってもらい、かつて見たことがないほどのはしゃぎっぷり。
楽しそうだけど、これはちょっと危険だな‥と思っていたら
案の定最後はへろへろになって、ちょっとしたことで爆発し号泣。
もう何を言っても聞き入れない状態になってしまい
みんなが帰る時間には「いーかーなーいーでー!!」と
泣きわめき(おそらく、寂しいというより、みんなが自分の主張と
違うことをやろうとするのが許せないという怒りによるもの)
みんなの後ろ髪を引っ張りまくっていました。

みんなが帰った後は、ひとしきり暴れたのち床にうずくまり
しばらくした後、こちらの様子をうかがいつつ
猫なで声で話しかけてくるといういつものパターン。ふう。
とっても楽しかったから、最後まで楽しく見送れたらよかったね。

夜は母のご厚志によりまたしても焼肉。うふふ。
今年は焼肉頻度高めでうれしい‥うふふう‥
| できごと | comments(0) | trackbacks(0) |
けいばじょうにいく

満を持して、東京競馬場へ行ってきました。

子連れお出かけサイトなんかでもとても評価が高いので
楽しみにしていったのですが、想像以上でした。




馬券はだんなさましか買いませんでしたが
レースは着席でも立ち見でも芝生でごろごろでも楽しめるし
目の前を駆け抜けるお馬さんたちはやっぱりかっこいいし
子供向けの遊具や乗馬実演などのイベントも充実していて
朝から夕方まで大いに満喫させてもらいました。

施設がどこもかしこも綺麗で手入れも行き届いていて
とても快適だったのが一番の驚きでした。おかねがあるんだろうな‥
おかねをちゃんとつかっているんだろうな‥などとおもいました。


家からのアクセスもいいし安いし、大満足です。
ぜひまた遊びに来たいと思います。

| できごと | comments(0) | trackbacks(0) |
のんびりする
さあ、のんびりするぞ。

とはいえずっと家にいるのも暇だし、天気も良かったので
ご近所さんにいただいたまま全然乗れていなかった
(帰るのが盆と正月のため、いつも猛暑or極寒で外遊びできない)
三輪車に乗ってお散歩に行きました。むすめも大喜び。
近所をぐるりと一周回っただけですが
小さい頃からお世話になっている近所のおばさまや
近所に住んでいる小中学校の同級生にばったり遭遇できてほくほく。
むすめには、家の近くにはあまり落ちていない
大きくてきれいな松ぼっくりが拾えたのが一番の収穫でした。
おうち持って帰ってなんか作ろう。むふふ。

朝はいつもより少し長く寝たし、お散歩以外は家で過ごしたのですが
やはり見慣れぬ環境や長距離移動の連続でだいぶ疲れているのか
1日中テンションが高かったむすめ。明日大丈夫かしらん。

 
| できごと | comments(0) | trackbacks(0) |
おわかれする
宿泊したホテルから、従姉の迎えで会場へ向かうと
上の兄一家と下の兄も到着していました。
これで6人の孫と9人のひ孫が全員集合。みんなが集まれるように
連休まで待っててくれたんやね、とみんなが言っていました。

大往生ですから、涙はあっても皆表情は優しく
久しぶりに会う親戚のみなさんにご挨拶したり
元気なひ孫たちの姿に目を細めたり
ここぞとばかりに孫一同・ひ孫一同で記念写真を撮ったり
穏やかな時間を過ごして、祖母を見送りました。
むすめも不思議な環境に緊張したことと思いますが
お花を添えたり手を合わせたりして参加してくれていました。

葬儀の後は、車で来た両親以外のみんなで
電車に乗って実家へ移動。そんなのも初めてのことで新鮮でした。
実家でみんなでわいわいご飯を食べて、お正月みたいでした。

連休やしな、ゆっくり遊びにおいないな、という
祖母の計らいだということにして
少しゆっくりさせてもらって帰ることにします。

よーし、イオンいくぞー。笑
| できごと | comments(0) | trackbacks(0) |
あいにいく

目覚めると、昨晩遅くに祖母が亡くなったとの知らせが
母から届いていました。

明日からは連休、今日もだんなさまが休める日だったので
午前中の制服採寸を済ませた後、午後から3人で伊勢へ向かいました。
15099740347602.jpg

92歳、最後まで記憶はしっかりしており
母や従姉がSNSを通じてむすめの写真も見せてくれていて
いつも成長を喜んでいてくれていたそうです。
母たちが化粧を施したという顔は、とても綺麗でした。

むすめは不思議そうに見つめていましたが
おばあちゃんにおやすみってしてあげてね、と伝えると
おやすみーと手を振っていました。

ばーちゃん、おつかれさま。おやすみ。

| できごと | comments(0) | trackbacks(0) |
こうえんにいく
友人たちファミリーと、生田緑地に行ってきました。
風邪っぴきのだんなさまはおるすばんです。

山を含む広大な敷地に、広場はもちろん
科学館や美術館も点在して、1日いても楽しめそう。
テンション高めのむすめは、公園内でベビーカーから下ろすと
私おかまいなしに歩き回ってずんずん探検しておりました。

機関車の展示もあります。


写真内にむすめがいるのですが、私からこれだけ離れていても
全くおかまいなし。友人がお供してくれています。
何度か遊びに来てくれていて懐いているのをいいことに
お供役を丸投げしてしまいました。ありがとう。楽だ。

草の生い茂る山道(?)にも自分から踏み込んでいきます。
高尾山で坂道登りに目覚めたのかしら。


昼場でシートを広げてお昼を食べても
まだまだ探検モードが止まらないむすめ。
大型遊具のある山の上の広場まで、長くて登りも多い道のりを
ずんずん歩いていきます。さすがに途中からペースが落ちたので
最後の階段はだっこ移動に切り替えましたが、よく歩いたなぁ。

辿り着いた山の上の広場の大型遊具は
むすめには少しレベルの高いものでしたが、まずじっと見て
できそうだと判断したものには果敢に挑戦していました。
何度か挑戦したのち「これはまだちょっとむずかしい」
と言って立ち去ることもあり、ちゃんと見極めていること&
「まだ」できない→いつかできると思っているらしいことに
頼もしさを感じました。また挑戦しようね。

最後は園内のカフェでおやつを食べて、それぞれ帰路につきました。
秋らしい爽やかな晴天のもと、たっぷり遊んで他愛のない話を楽しんで
会う度に成長するちびっこたちとむすめとの交流の様子もほほえましく
充実した1日になりました。いつも声をかけてくれる友人に感謝です。

スーパーでお寿司を買って帰宅し、簡単にばんごはん。
むすめは、あなごのお寿司とおいなりさんをもぐもぐしながら
だんなさまに今日のことを嬉しそうにお話していました。

さあ、今年度も後半戦突入です。楽しくいきましょう。
| できごと | comments(0) | trackbacks(0) |
おぶせにいく
2日目は、長野電鉄に乗って小布施にやってきました。

私は以前に両親と3人で来たことがあるのですが
10月の休日で人がわんさか、お店はどこもいっぱいで
栗ソフトくらいしか食べられなかったのですよね。
今回はちょっといいもの食べたりしたいなーと
事前になんだかんだと調査した結果‥

こちらへ。


小布施堂本店でコース料理を予約したのです。ムフフ。

料理は大人2人分だけ注文してあったのですが
むすめ用の取り皿もこんな素敵なお膳で用意してくれました。
むすめも「特別なごはん」感を感じたようです。


コースのお料理はこちら〜


お料理は全体的に塩気強めかな〜という感じではありましたが
信州の素材たっぷりで、おいしくいただきました。
そしてやっぱり栗おこわがめっちゃおいしかったです。
栗ホクホク‥しあわせ‥。むすめの目がぱっちり開きました。
実は栗がそれほど好きでないだんなさまも
これはおいしいともぐもぐ食べていました。

そしてついに、本日のメインとも言うべき
こちら「朱雀」が満を持しての登場!


素麺のような部分はお砂糖も何も使わない
純粋な新栗のペースト。中には栗餡が入っています。
新栗の1ヶ月だけの限定品で、通常は早朝から並んで
整理券を取らないと食べられない代物なのですが
平日限定の、お料理とセットのコースなら並ばずに食べられるのです。
約1ヶ月前に、約1時間電話をかけ続けて予約したのです。
せっかくの旅ですもの、これくらいの贅沢はしなければ。

で、食べました。正直な感想。
・めっちゃ栗だよ!おいしいよ!!‥最初の方は!
・ひととおり料理食べた後には正直キツいボリューム
・一度中の栗餡を食べちゃったら、栗ペースト部分の
 素朴な味わいが感じられなくなってちょっと寂しかった
・栗がそれほど好きでないだんなの分を半分引き受けたので
 終盤は完全にフードファイト状態
・料理の方で出てきた葛餡かけたかった
・いや、おいしいんですよ、1/3くらいの量なら‥

単品で食べても、この量は結構大変なんじゃないだろうか‥
そもそも私は、栗は甘味より、料理に使うほうが
好きなんだなと思いました。栗おこわならいくらでも食べられたと思う。
なんてぶつぶつ言ってますが、おいしかったのは間違いないですし
この時期だけの旬をしっかり味わえましたし
家族揃って特別感のあるランチができてとても楽しかったです。
がんばって予約した甲斐がありました。

食後もしばらく小布施の町を散策し
規格外品とのことで格安だったシャインマスカットを買い
特急スノーモンキーに乗って長野に戻り
新幹線までの短い時間で、等身大アルクマ像との記念写真撮影と
大好きなりんご、シナノドルチェの購入に成功し
ほくほくで帰宅しました。

会う人見るもの食べるもの、全てにおいて大満足の
とっても楽しい旅でした。うーん、やっぱりいいなぁ信州。

5月の御殿場、7月の松本、9月の長野、
帰省も、いつもの8月と年末年始に加えて5月にも。
今年はちょっと遠出しすぎのような気もしますが
むすめが幼稚園に行きだしたらこうもいかない気がするし
目一杯楽しんでおいていいことにしましょう。
年末年始の帰省も楽しい旅になるといいなー
| できごと | comments(0) | trackbacks(0) |
ながのにいく
7月の松本旅行があまりに楽しかったので
こんどは長野市に住んでいる友人にも会いに行きたいなあ
冬になるとさすがに寒いなぁ 秋なら果物もたくさんだなぁ
果物といえば小布施も行きたいなぁ 混んでたから平日がいいなぁ
ああでもむすめが幼稚園入ったら平日は難しくなるなぁ‥

よし、今年、行こう

というわけで、長野旅行へ行ってきました。
心配した台風も見事に通過し、夏に逆戻りしたようなお天気に。
やっぱり私は晴れ女なのだと思う。ふふふ‥

行きの新幹線はかがやきを利用しました。
大宮から長野までノンストップ、1時間未満!は、はやい!
駅まで迎えに来てくれた友人に案内していただいて
まずはおしゃれなカフェでお昼ごはん。松本もそうでしたが
こういうカフェごはんが、価格帯は東京とそれほど変わらないけど
たいてい量が多くて満足度が高いのが信州クオリティ。
むすめも食べやすいお野菜たっぷりで、おいしかったです。

そしてお次は善光寺。実はだんなさまは初訪問です。


友人の強いおすすめにより、お戒壇めぐり
(真っ暗な
回廊を巡ってご本尊様の真下にいける)も体験しました。
むすめもだっこして一緒に挑戦してみました。
むすめは、まだ入口の明かりが見える頃は、入口の方を向いて
「あっちにー!あっちにー!(戻りたい)」と連呼していましたが
いよいよ真っ暗になると「いけばだいじょうぶー!
いけばだいじょうぶだからー!」とわあわあ泣き始め
大丈夫、おかあさんがいっしょだよ、おとうさんもいるよ、と
必死でなだめながら、暗闇に恐怖する間もなく通り抜けました。
おかげで錠前を触りそびれましたが、だんなさまは触れたようなので
我が家には極楽浄土が保証されたことでしょう。


続いては、友人のおうちにお邪魔しました。
善光寺は慣れすぎている(笑)とのことでお留守番していてくれた
二人の娘ちゃんと旦那様が迎えてくれました。
元気な娘ちゃんたちを気にしつつも、ちょっと距離をとり
貸してもらったおもちゃで黙々と遊ぶむすめ。こんな様子でも
後から、おともだちいたー楽しかったーとか言っていたりするので
多分、むすめなりにこうやって一緒に遊んでいるのでしょう。
おやつには山盛りのシャインマスカットとナガノパープルをいただき
親もむすめもばくばく食べました。おいしいようおいしよう‥

そして最後は、友人御用達の温泉に連れて行ってもらいました。
御殿場旅行で温泉に入った時は、私にだっこされたまま
離れようとしなかったむすめですが、プールも経験したせいか
首まである深さの露天風呂に、ひとりでも楽しそうに浸かっていました。
お湯は気持ちよく、夕暮れ時の景色は美しく、最高のお風呂タイムでした。

ホテルまで送っていただいて、友人ファミリーとはさようなら。
駅ビルのレストラン街で、いつもより遅いばんごはんを食べたのち
ホテルに戻って寝支度をしたら、ベッドの感触を楽しみながら
スヤスヤと寝ていきました。昼寝もしないで夜遅くまで
ほとんどぐずることもせずによくがんばってくれました。

さて、旅は明日も続きます。
| できごと | comments(0) | trackbacks(0) |
おやまにいく
母のリクエストで、高尾山に行ってきました。

前日の天気予報は雨&最高気温20℃という絶望的な状況で
高尾山口駅周辺の散策だけでもいいやと思っていたのですが
蓋を開けてみれば、からりと晴れて空気は涼しい
最高の山散歩日和となりました。

夏休みも終わった平日、紅葉は当然まだまだという
見事な谷間の時期、ビアマウントは午後からだし
電車もケーブルカーも茶店も山道もがらっがら。
ベビーカーを押してのむすめ連れのんびり散策には最適です。

まずはケーブルカーでショートカット。
いずれリフトにも乗ってみたいなぁ。


ケーブルカー高尾山駅に到着すると本当によいお天気。
ぼんやりながらも、展望台からの眺望もなかなかです。


山道を歩き出す前に、とりあえず茶店でおだんご休憩。
むすめもおいしいおいしいとむしゃむしゃ。


薬王院までならわりとすぐだったような記憶があったので
がんばって歩いてみようかーと促してみたところ
あるく!とノリノリのむすめ。記憶よりだいぶ長くて
しかもずっと坂道でしたが汗、驚くほどしっかり
のしのし歩いていきます。すれ違う方々に
がんばってるね〜と声をかけられて嬉しそうです。


終盤はさすがに疲れが見えましたが、それでも歩ききりました。
いやはや、正直歩けると思ってなかった。すごいぞむすめ!
輪くぐりもしましたよ。


本堂にお参りしたのち、帰りはベビーカーですいすい。
ケーブルカーに乗って高尾山口駅まで戻り
駅隣接のイタリアンレストランでごはん。


帰りもガラガラの京王線に乗って、昼過ぎに帰宅。
むすめはお疲れながらもベビーカーで終始ご機嫌でした。

むすめのペースに合わせたのんびり行程で
楽しいお山デビュー体験ができて本当によかったです。
母も楽しんでくれて、私も山復帰の足がかり‥には
ちょっとユルすぎかしら。でもこれくらいから始めないとね。

思った以上に近かったのがうれしい発見でした。
また今度はおとうさんとも来ようね。
次は山頂までいけるといいなぁ。
| できごと | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/90PAGES | >>